前へ
次へ

調剤薬局で症状を聞かれる理由を知る

医療機関で診察を受けると医師が作成した処方箋を渡されます。
医薬分離が進んでいるためその医療機関で薬を渡してくれないことが多くなっています。
医療機関の近くには調剤薬局があるのでそちらを利用してもいいですし、自宅近くの調剤薬局などを利用しても構いません。
医療機関近くの方が医師との連絡は取りやすくなります。
調剤薬局で処方箋を渡すときには薬剤師が対応してくれますが、その時に症状を聞かれることがあります。
病気に関することは医師に診てもらって話などもしていますがさらに薬剤師にも話をする必要があるかです。
同じことの繰り返しになりますし意味がないように感じるかもしれません。
医薬分離を進める理由の一つに薬を正しく患者に渡せるかどうかがあります。
医師も薬剤師も薬の知識がありますが、どちらかが誤りを見つければ間違いを正せます。
薬剤師は正しい処方をするために聞いているので、一応伝える方がいいでしょう。
問題があれば薬剤師が医師に連絡をして薬の変更をしてくれる時もあります。

病院に行くのが怖くなるような病院を目指しています
できるだけ痛くない治療を武蔵小金井よりご提供しております

骨盤矯正を受けるのにおすすめの京都の整骨院
下半身の美しさを維持できるよう効果的な骨盤矯正を行い、脚痩せなどを実現いたします。

【鹿児島】生活連動型のデイサービス昭和クラブ
利用者様・ご家族様の希望に合わせて1日のご利用時間を1時間単位で選べますし、短時間利用も可能です。

Page Top